東大に行きたい!現役SEぴー子の野望 -前編-

ぴー子
スポンサーリンク

こんにちは、ぴー子です🐥


今日はパンのことでもなくマタニティのことでもなく、私の野望について語ります!





では、早速!

スポンサーリンク

ぴー子って何者なん?



普段はほぼほぼ成功しない変なパンばっかり作ってるけど、結局ぴー子って何者なん?って思っちゃってたりしますか!?!?

私も私が何者かよく分かりませんが、私の半生と共に軽く自己紹介を


過去にさらっと自己紹介をしたことがあるので、そちらも参考にどうぞ▼


ぴー子、25歳女性。


○幼少期

関東の片田舎で共働きの両親とじいちゃんばあちゃんに育てられる。

保育園は嫌ではなかったが、毎日泣きながら登園することをルーティンとする。



○小学校

ごくごく普通の小学生。ただ1つ、人と違うことは超肥満児だったこと。

肥満児にもかかわらず小6にして初彼氏が出来る。

しかし付き合うという事がよく理解出来ず、友達に「付き合ってんの?」と聞かれた際に濁して答えたことが本人に伝わりフラレる。



○中学校

ソフトボール部に入部。

入部後約1ヶ月間は放課後の練習がしんどくて人生初の“試練”を経験。

そんな試練を乗り越えると、途端に部活にのめり込み勉強そっちのけで部活に励む。


中学2年の頃に200人いる中で下から2番目の成績をとり、ブチ切れた母親が画鋲をばらまく。
(脳筋になっていた私には1mmも響かず…)

中学3年の部活引退後に”憧れていた先輩が行ったZ大学に行ってみたい!”という理由で、可もなく不可もない倍率0.9の普通科高校を目指し勉強。そして合格。



○高校

脳筋中学時代とは一転、Z大学を目指し高校3年間を勉強に捧げる事を決意。

ソフトボール部に入部したものの、連日の猛練習と勉強の両立が出来ず3ヶ月で退部。


高校では300人中20〜50位あたりをふらふら。最高順位は保健でとった1位。

高校生活は制服がダサいという理由で常に過剰なストレスを溜めていた。


一刻も早くこの高校を抜け出し、Z大学に行きたい!という想いは猛勉強の末、指定校推薦により無事達成



○大学時代

上京し中学から憧れ続けたZ大学に入学。

しかしあろうことか、高校時代のストレスと過労で身体を壊し1年留年。


学校を休んでいる間にしていたバイト先で後の夫となるごん太と出会う。

誰にも学校を休んでいることを言えずにいたのに、その日初めて会ったごん太にはサラッと言ってしまう。
それに対して「そうなんだ〜」と大して驚かれなかった事にズッキューーーン💛

普段は超絶人見知り&LINE嫌いな私が毎日手を変え品を変えごん太にLINEをするようになる。

出会って2ヶ月後に付き合い始める。


その後大学に復学し、意識低い系大学生として大学生活以外の旅行や昼寝を満喫。


就活では特に目指す企業や業界はなく、志望理由が書きやすいそこそこの企業を端から受ける。

やけくそになっていたときに就活サイトでなんとなくポチッとエントリーした会社の説明会や面接に流されるままに参加していたらいつの間にか縁もゆかりもないIT業界の会社に内定(当時は必死)



○社会人

入社後周りが自分より頭のいい人しかいなくて毎日圧倒される。

研修時にやったプログラミングは苦手分野。

みんなが実力を付けていく中、少ないコミュ力を駆使して研修を乗り切る

配属後は自分にも人にも厳しいOJTに怯えつつも、意識低い系文系大学生だった自分がいろんなIT技術を付けいていっている事実に日々感動を覚える。


3年目に入る手前で結婚&妊娠。

妊娠した途端に頭が働かなくなり、仕事に身が入らなくなる。

そして今に至る。




といった具合です。いかがでしょうか!?!?

普通でしょ〜!?


ハマると若干周りが見えなくなるところがあると書いていて気づきました。



こんな、なんの変哲もないぴー子がなぜ東大に行きたいのか…

その野望の真意とは…

一気に語りたいところですが、長くなりそうなので2本立てにします!


続きはまた次の記事でをお楽しみに?



▼東大突破の必須グッズ!?


【Amazon】とりあえず赤本やっとくか


【Amazon】ドラゴン桜観てると行ける気がしてくるよね


【Amazon】疲れたら気分転換しよ




▼Twitterやってるよ?



コメント

タイトルとURLをコピーしました